イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のアラサーサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等について記します。

注文住宅で採用して良かった床材・クッションフロアベスト5

採用して良かった床材・クッションフロアベスト5

ここ数日梅雨らしいお天気が続いていますね。

場所によっては大雨により水害や土砂災害の恐れもあるかと思いますので、皆様くれぐれもお気を付けくださいm(__)m

 

さて、今回の本題なんですが、イシンホームフランチャイズ工務店でマイホームを建築した我が家で「採用して良かったと感じる床材・クッションフロアベスト5」をご紹介させていただきます。

 

例によって紹介動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

 

目次

 

床材について

注文住宅では、外観だけでなく壁紙・床材・設備といった内装関係も施主で選択することができます。

(間取りや法令の関係で自由が効かない場面ももちろんありますが、、、)

今回取り上げる床材については、「オシャレは足元から」という言葉にもあるように、足元が目立ちやすいという観点から重要なポイントとなってきます。

そこで、今回の記事が皆様にとって何かの参考となれば幸いです。

 

それでは前置きが長くなりましたが、ランキングを発表させていただきます。

 

第5位 2階の子供部屋の床材

f:id:bsp68886:20200703173227j:plain

子供部屋は2階に2部屋あるんですが、床材はどちらも白のフローリング材にしています。

こちらの部屋はドア、建具、クローゼット扉を全て白にしたため、併せて床材も白にすることで部屋内のカラーバランスを統一出来て満足出来ました。

 

ただし、白のフローリングは髪の毛が落ちるとかなり目立つので、こまめに掃除をしてあげることは必須となります(笑)

こうしたデメリットはありますが、子供部屋らしい優しい雰囲気のある部屋に仕上がってくれたので、全体として満足することが出来ました。

 

第4位 洗面所のクッションフロア

f:id:bsp68886:20200703173904j:plain

洗面所は白基調のチェック柄風クッションフロアを採用しました。

こちらは妻のチョイスなのですが、木目調の洗面台と色のバランスが良く、大変満足しております。

ちなみに、クッションフロアとは、トイレや洗面所等の水場に使用される柔らかい素材の床材のことです。

耐水性が強く、柔らかさがあるので転んだ際も多少は衝撃を緩和してくれます。

 

第3位 1階トイレのクッションフロア

f:id:bsp68886:20200703174421j:plain

1階トイレのクッションフロアはグレーのものを採用しました。

こちらの柄は無地ではなく、まだら状の物をチョイスしております。

1階トイレは全て私のチョイスなのですが、ネイビーの壁紙、ダークブラウンの水洗タンクに合う色を検討した結果、このグレーのクッションフロアに行きつきました(*^_^*)

完全に自己満足になりますが、個人的に採用して良かったと思います(笑)

 

第2位 2階廊下と主寝室の床材

f:id:bsp68886:20200703174825j:plain

f:id:bsp68886:20200703175011j:plain

2階廊下と主寝室はダークブラウンのフローリング材をチョイスしました。

子供部屋が白で統一した部屋なのに比べて、こちらは落ち着きのある色で統一感を持たせることに成功しました。

もちろんドアや建具の色もダークブラウンで統一し、カーテンの色もそれに考慮してベージュから―を導入致しました。

 

基本的には大変満足しておりますが、こういうダークカラーの床はほこりやチリが大変目立ちやすいので、こまめな掃除が必須となってきます。

そのデメリットを差し引いても、この色の床材は落ち着きをもたらしてくれるので、採用して良かったと思いました。

 

第1位 1階の無垢材

f:id:bsp68886:20200703200446j:plain

以前リビング紹介の記事でもご紹介させていただきましたが、リビング+ダイニング+エントランス部分の床は無垢材を使用しております。

こちらはウッドワンという会社が展開しているピノアース(樹種:ニュージーパイン)という商品になります。

この商品はフローリング材と比較して少しだけ割高なのですが、私が建築いただいた工務店では標準装備として付属してきたので迷わずこちらに決定しました。

(イシンホームフランチャイズ工務店は店舗によって大幅に仕様が変わるそうです。無垢材の床材を標準装備としていない工務店もあるそうなので、そこは何卒ご了承くださいm(__)m)

 

こちらの床材は風合いが良く、見た目も木材本来の温かみがあって満足しているんですが、傷や水気に弱いというデメリットもあります。

どんな商品でもやはり一長一短あるので、デメリットも受け入れながらうまく付き合っていかないといけませんね(*^_^*)

 

まとめ

我が家では色んな種類の木材・クッションフロアを採用したので、その分楽しみは多いと感じました。

もちろん建物全体の床色を合わせるという手法もオシャレだと思いますが、色んな床色を試すということも面白いので個人的にはオススメできます。

 

この動画が今後リフォームや新築を検討されているかたのご参考となれば幸いです。

 

それでは今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村