イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等についてブログを書いてみました。

イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

【注文住宅】我が家の水回り設備をご紹介します(トクラス・TOTO)

我が家の水回り設備をそれぞれご紹介します

みなさん、こんにちは。

お家の水回りと言えばキッチン、お風呂、トイレ等色々あると思いますが、日常生活に不可欠な設備ではないでしょうか。

色んな設備メーカーがそうした水回り設備の商品を出していますが、今回は我が家がチョイスした商品をご紹介していきたいと思います。

 

紹介動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

いつもお願いしてしまい申し訳ありませんが、高評価・チャンネル登録もよろしくお願い致しますm(__)m

www.youtube.com

 

目次

 

我が家で採用したメーカー

トイレはTOTOで、その他の水回りは全てトクラスをチョイスしました。

TOTOは大変有名なメーカーなので説明は省きますが、このトクラスというメーカーはご存じない方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も家づくりをするまで知りませんでした(笑)

ほとんど前評判のない状態でエイや!で選んでしまったのですが、結果としては満足出来る水回りが出来上がりましたので、安心してオススメ出来るメーカーです(笑)

 

トクラスというメーカー

旧社名はヤマハリビングテック株式会社であるようです。

ピアノの製造や音楽教室で有名なあのYAMAHAの住宅設備部門から独立し、ヤマハリビングテックという会社が生まれたのですが、その後トクラスという社名に変更されたという経緯がありました。

ヤマハの物づくりを継承する企業であり、住宅設備業界において根強いファンも多くいるようです。

なお、日本で初めてキッチン天板に人造大理石を採用したメーカーであることから、特に質の高い人造大理石の自社製造に力を入れているようです。

 

さて、ここまで前置きが長くなりましたが、水回り設備について、それぞれご紹介させていただきます。

 

キッチン(トクラスBb)

f:id:bsp68886:20200620231745j:plain

キッチンはトクラスのBbという商品を選びました。

トクラスのキッチンの中ではBerryという商品が人気なのですが、Bbは一つ下のグレードの商品となります。

トクラスのメリットとして、どのグレードの商品を選んでも人造大理石天板+人造大理石シンクを選ぶことが可能です。

しかも、どのグレードでも人造大理石の品質に変わりはありません。

(もちろんステンレス天板やシンクを選ぶことも出来ますが、せっかくトクラスにするなら圧倒的に人造大理石をオススメします笑)

他のメーカーも周りましたが、天板に使用されている人造大理石の品質は個人的にトクラスが最も気に入りました。

 

デメリットとして、Bbではパネル色の選択肢が少ないことです。

我が家では最終的にシンプルな木目調の物をチョイスしましたが、追加料金を払うことでYAMAHAピアノにも使用されている手塗りのツヤありパネルを選択することも出来ました。

とても素敵だったのですが、20~30万円の追加料金だったため、さすがに腰が引けてしまいました・・・

妻が強く希望するならそれもしょうがないと思いましたが、標準の物で納得してくれたので正直なところ助かりました(笑)

 

ちなみにシンクの人造大理石の色は天板に合わせて白にしましたが、個人的にはグレーやライトブルーも素敵だなと思いました。

(妻が白を強く希望したので、当然ながらそちらが優先されました・・・笑)

 

浴室(トクラスevery)

f:id:bsp68886:20200620234735j:plain

浴室もトクラスのeveryという商品を選びました。

こちらは浴槽の標準材質がFRP(強化プラスチック)なのですが、追加料金1万円で人造大理石に変更できるとのこと。

こちらは変更をトクラスの店員さんに強くオススメされたため、すんなり変更してしまいました。

1万円も安い金額ではないですが、安い!と感じてしまうあたり、感覚がおかしくなっていたんだと思います・・・笑

それでも、人造大理石の浴槽は肌馴染みが良く、採用して良かったと思います。

 

浴室の床は乾燥しやすい仕様になっていますが、これは正直なところTOTOの「ほっからり床」等のクッション性のある床の方が良かったというところです。

それでも、人造大理石の浴槽には大変満足しているので、トクラスの浴室にして本当に良かったなと思います。

 

トイレ(TOTOレストパル)

f:id:bsp68886:20200620235611j:plain

トイレはTOTOのレストパルという商品をチョイスしました。

こちらタンクレスのように見えますが、後ろのダークブラウンの棚の中にタンクが隠れています(笑)

本当はタンクレスを採用したかったのですが、予算オーバーとなったため、こちらの商品をチョイスする運びになりました。

f:id:bsp68886:20200620235801j:plain

このダークブラウンの棚は両サイドに小物が入るようになっており、ここにトイレットペーパーや掃除道具を入れることが出来て便利なので、意外と良かったなという感想です(笑)

 

洗面台(トクラス)

f:id:bsp68886:20200621000048j:plain

洗面台はトクラスの物を選びました。

これはグレード等なく、1種類しか商品が無かったように記憶しています。

洗面台は各メーカー大きな違いは無いと感じたのですが、こちらの良いところは鏡内の棚の1番下の段が金網になっており、水切りが出来るという点です。

ここには歯ブラシ等水気を含む物を置くことが多いので、しっかり水切りできることは衛生的にありがたいと感じています。

 

まとめ

我が家の水回りはほとんどトクラスの商品を採用することになりました。

キッチンはクリナップ、お風呂はPanasonicという理想もあったのですが、トクラスはリーズナブルで高品質なモノづくりをしており、満足感は得られたと思います。

マイホームやリフォームを検討されている方は、水回りについてトクラスも選択肢の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

 

それでは今回はこれで終わりです。

ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村