革靴、革製品大好き&マイホーム建築ブログ

地方都市に住む30代サラリーマンです。購入した革靴、革製品のレビューやマイホーム建築について書いていきます。

【注文住宅】「もしもう一度建てるならこうしたい」と感じるポイント トップ5

「もしもう一度注文住宅を建てるなら、こうしたい」と感じるポイント

みなさん、こんにちは。

本日は全国的に晴れの地域が多いですが、明日からは下り坂ということなので、くれぐれも大雨や土砂災害等にはご注意ください。

 

さて、我が家はイシンホームフランチャイズ工務店で新築一戸建て注文住宅を建築いただきましたが、「もしもう一度注文住宅を建てるならこうしたい」と感じるポイントについてトップ5をランキング形式でご紹介したいと思います。

 

なお、ご紹介用の動画も作成しましたので、併せてご覧いただければ幸いです。

※チャンネル登録、高評価も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

目次

 

何故こうした感想が生まれたのか

注文住宅にはそっくりそのままの見本というものは無いので、完成してから改めて「こうすれば良かった」とギャップを感じやすいデメリットがあると思います。

※それでも唯一無二のマイホームが出来上がるので注文住宅自体は素敵な商品だとは思いますが。

 

また、予算や法規制の加減で断念しないといけない設備もありますので、そういう縛りを抜きにして、もしもう一度建てられるということであればこうしたい!と感じるポイントをご紹介させていただきます。

※もちろん現在のマイホームには愛情を持っております(笑)

 

第5位 屋根材の種類

f:id:bsp68886:20200624170711j:plain

我が家はイシンホーム標準装備のダークブラウン洋瓦を採用しました。

瓦屋根は昔から家づくりに使われてきた材料で、数十センチ四方の大きさの瓦を屋根に張り巡らせて施工していきます。

可愛らしい外観に仕上がってくれるのがメリットですが、全体として屋根が重くなりやすい点がデメリットです。

※屋根が重くなると耐震の問題が発生してきます。

 

耐震の問題はさておき、外観としてもスレートやガルバリウム屋根にすることでよりモダンなデザインに出来たのかなと思いました。

瓦屋根は妻の強い要望で実現しまして、私は書斎スペースを頑なに主張したため、ここは折れざるを得ませんでした。

無念、、、笑

 

第4位 アプローチ外構

f:id:bsp68886:20200624171327j:plain

公道から玄関までの間の外構についてです。

我が家ではこの場所をコンクリート打ちで駐車場にしました。

コンクリート打ち自体は管理が楽で重宝しているのですが、公道や隣地との境界がかなりオープンになっており、好き放題に行き来できる状態になっております。

(もちろんお隣さんが敷地を跨いでうちに来ることはありません笑)

 

防犯上リスクはありますし、外観の面でも境界にはブロック塀等の構造物があっても良かったのかなと思います。

これは予算の面からこうしたオープン外構となったのですが、今後変えていける部分でもあるので、必要に応じて要検討していきたいと思います。

 

第3位 インナーバルコニー

f:id:bsp68886:20200624170711j:plain

f:id:bsp68886:20200613124512j:plain

主寝室から繋がっているインナーバルコニーですが、お庭側(南西側)に設置されています。

ダークブラウンのデザイン手すりを標準装備として付けていただけて、デザイン自体は非常に気に入っているのですが、例えばこれを正面側(駐車場側)に設置出来たら、外観のアクセントとしてより目立っただろうなと思います。

これはインナーバルコニーを布団干しスペースとして利用するために南西向きにしたので、仕方のないことではありますが素敵なデザインだけにもっと目立たせてあげたかったという気持ちが正直なところです。

これはもう今後変更は出来ないポイントですので、今からマイホームを建てられる方は良く検討されることをオススメしますm(__)m

 

第2位 床材(無垢材、フローリング材)

f:id:bsp68886:20200624173112j:plain

我が家では1階は無垢材(パイン材)の床材を使用していますが、2階とリビング階段の天板に関してはフローリング材を使用しています。

これは工務店の標準装備として、1階のみ無垢材仕様でその他を無垢材にする際はオプション料金であったことから、このような形となりました。

大きな問題はないのですが、やはり全て無垢材にすることで統一感を得ることが出来たのではないかと思います。

2階はともかく、階段はリビングからも目立つので無垢材を採用しても良かったかなと思っています。

これは今後状況によっては変えることも出来そうなので、要検討です(*^_^*)笑

 

第1位 外壁材の種類

f:id:bsp68886:20200624173042j:plain

堂々の第一位は外壁材の種類です!

我が家ではイシンホーム標準装備の白一色サイディング外壁(神島産業製)を採用しました。

良く見るとレンガ調ではあるのですが、もちろん本物のレンガでありません(笑)

 

これをタイル外壁にすることが出来ていれば相当高級感のある外観に仕上がっていたと思います。

※タイル外壁はメンテナンスフリーの良さもありますよね。

近所に一条工務店セキスイハイムで建てられたと思われる家があるのですが、タイル外壁となっており、やはり高級感が圧倒的です。

 

私が建てていただいた工務店でもオプションとしてはあったのですが、100万円を越えるオプションになってくるため、断念してしまいました・・・

※イシンホームは標準装備は充実していますが、オプション換装すると割高となりやすいことがあります。これはどこのハウスメーカーでもそうだとは思いますが。

 

このタイル外壁は人の家を見る度に「いいな~」と思ってしまうので、重症ですね(笑)

いつか導入できるタイミングがあれば導入したいと思います!

 

まとめ

今回「もう一度マイホームを建てるならこうしたい」と感じるポイントをご紹介しましたが、現状の家にももちろん満足しています。

その上で、今後状況を見て理想を叶えていけたらいいなと思います。

 

今回の記事がこれからリフォームや新築を検討されている方の参考となれば幸いです。

それでは今回はこれで終わりです。

ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村