イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のアラサーサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等について記します。

持っている革靴全てご紹介します!

現在所有している革靴を全てご紹介します

みなさん、こんにちは。

私は革靴の収集、着用、お手入れが趣味なのですが、今回の記事では「現在所有している革靴コレクション」をご紹介したいと思います。

 

例によってコレクション動画を作成しておりますので、併せてご視聴いただければ幸いです。

※重ねてのお願いで申し訳ございませんが、高評価・チャンネル登録もよろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

初めにお伝えしておきますと、現在所有している分だけで総額約20万円です!

※これ以外にメルカリで売却した革靴も大量にあります。

私は決してお金持ちな訳ではなく、むしろお小遣いは月3万円だけなので、他のことにお金を一切使わず、革靴や革製品だけにお金を全力投球しております(笑)

もっとお金があればメルカリで革靴を売って次を購入する自動車操業形式をせずに全て手元に残しておきたかったなあ・・・笑

 

シューズサークル

f:id:bsp68886:20200618131058j:plain

インスタグラム等でもこういった革靴の並べ方を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらは通称シューズサークルと呼ばれており、革靴コレクションを紹介する時によく使われる並べ方です。

こうして見ると、色んな種類の革靴を集めたなあと改めて感じます。

それでは一つずつ簡単にご紹介していきます。

 

①Berwick1707 タッセルローファー

f:id:bsp68886:20200618131428j:plain

こちらは一番最近購入したスペインブランドの革靴です。

楽天市場並行輸入品を購入しまして、フランスの名門タンナー(革をなめす業者)「アノネイ社」のベガノカーフという素材を使用している一品です。

購入から一か月も経過していないのですが、最近の暑さからこればかり履いてしまい、早速エイジングが進んでくれています(笑)

最近の稼働率ナンバーワンの一足ですね。

こちらはコストパフォーマンスも高く、人からオススメ革靴を聞かれた際に最も推したい革靴になります(*^_^*)

 

②VASS ウイングチップシューズ

f:id:bsp68886:20200602171119j:plain

こちらはハンガリーの名門ブランドVASSのウイングチップシューズです。

VASSは作業のほとんどを手作業で行う「ハンドソーン製法」で靴作りを行っており、この製法は足なじみが良い靴が多いです。

また、非常に革質の良い革が使用されており、経年変化によるエイジングが最大限楽しめます。

 

こちらの靴はセレクトショップで購入すると15万円を越えてきますが、もちろん私はまともに購入することは出来ません(笑)

VASSのオフィシャルオンラインストアから個人輸入することで半額以下の金額で購入することができました。

※英語で店員さんとやりとりをする必要があり、後日関税の支払いをする手間も必要ですが、思った以上に簡単に出来ましたのでオススメの購入方法です。

今後は色むらのある革ミュージアムカーフ」を使用したモデルを購入したいという野望を抱いています(笑)

 

③Santoni サントーニ ストレートチップシューズ

f:id:bsp68886:20200526144949j:plain

イタリアのブランん度「Santoni」のストレートチップシューズです。

こちらはマッケイ製法という製法で作られており、最も履き馴染みが良い製法とも言われております。

色は全体的にダークブラウンですが、つま先に掛けて色が濃くなるアンティークフィニッシュという染色が行われております。

個人的にはこの色使いが気に入っております。

靴底がラバーソールなので、すべりづらく、多少の雨なら履けるというところもメリットです。

 

④Santoni ダブルモンクストラップシューズ

f:id:bsp68886:20200522163758j:plain

こちらもSantoniの靴で、一番私の足にジャストフィットしてくれています(笑)

スーツにはこの一足を合わせる機会が多いですね。

こちらもマッケイ製法で作られており、履き心地は抜群です。

イタリア靴はマッケイ製法で作られている靴が多いのですが、イタリアでは履き心地を重視する傾向があるのかもしれませんね。

※コバ(靴の底部分のパーツ)が張りだしにくいという理由もあるのかもしれません。

 

⑤VISARUNO ダブルモンクストラップ

f:id:bsp68886:20200522233118j:plain

こちらは日本のブランド「VISARUNO」のダブルモンクストラップシューズです。

VISARUNOはOIOIプライベートブランドなのですが、コストパフォーマンスが良いので雨用靴にとメルカリで新個品を購入しました。

こちらはスエード素材が使われているのですが、スエード靴は比較的に雨に強く、また靴底がラバーソールのため、今のところ大雨に晒されても浸水したり劣化したり等の不具合はありません(笑)

 

まとめ

今回改めて全ての革靴を並べてみて、まずは買い過ぎだなと思いました、、、笑

そして傾向的にはラテン系の国(スペイン、イタリア)の靴が多いように思います。

きっとシャープなシルエットの靴が好きなんだと思います。

 

革靴好きな方は一度靴を並べてみて、改めて観察してみてはいかがでしょうか。

何か気づく事があるかもしれません(*^_^*)

それでは今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村