イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等についてブログを書いてみました。

イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

【注文住宅オプション】有料でも採用して良かったオプションベスト5

有料でも採用して良かったと感じるオプションベスト5

今日は全国各地で大雨が降っていますね。

私の住んでいる地域は普段激しく雨が降ることは少ないのですが、今日はさすがに朝から大雨なのでビックリしました、、、

皆様くれぐれも土砂災害や水害にはお気を付け下さい。

 

さて、前置きが長くなりましたが今回は我が家の「有料でも採用して良かったと感じるオプション ベスト5」をご紹介したいと思います。

例によって紹介動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

 

目次

 

注文住宅における有料オプションについて

モデルハウスや展示場見学に行くと、豪華絢爛な邸宅を目の当たりにし、「こんなお家を建てたい!」と感じることは少なくありません。

ただ、実際はそうしたモデルハウスや展示場はほとんどが有料オプションの巣窟と化しており、一般的なマイホーム予算ではそうした家を建てることは出来ません(笑)

※その点、一条工務店さん等一部のハウスメーカーではモデルハウスも標準装備ばかりで作られていて良心的だと感じました。

 

現実には限られた予算の中で有料オプションを取捨選択し、マイホームを建築していくことになります。

実際に私も予算とのバランスを考慮し、採用できる有料オプションを厳選しました。

 

第5位 お風呂場の金網型棚

f:id:bsp68886:20200630170013j:plain

お風呂場自体はトクラスをチョイスしております。

そのお風呂場の中で、2つある棚のうち1つについてはオプション料金(約3,000円)を支払って金網型の物に変更していただきました。

標準装備の物はプラスチック製なのですが、水気や汚れが溜まりやすい気がしたので、しっかり水気を切れる金網型の棚を採用しました。

 

実際に使ってみて、標準の物は水が残りやすく汚れがたまりやすいのでこちらの金網型を採用して良かったです。

惜しむらくは、両方とも金網型にした方が良かったという点です。

ケチって一つを標準装備の物にしたのは後悔ポイントになってしまいました、、、笑

 

第4位 キッチンカップボード吊り棚下部の板

f:id:bsp68886:20200630170644j:plain

キッチンもカップボード含めトクラスの物をチョイスしました。

標準装備だとカップボードの吊り棚の下部に板が付いてこなかったため、オプション料金約2万円を支払って板を取り付けてもらいました。

この板がないと、炊飯器でご飯を炊く際の蒸気が直接吊り棚にあたり、カビや腐食の原因となる可能性があるとのことです(メーカーからの説明)。

これは必須だと感じて有料オプションを採用しましたが、正直なところ絶対に必要な物まので標準装備として付属してほしかったところです、、、笑

 

第3位 玄関ドアのスマートキー

f:id:bsp68886:20200630171525j:plain

標準装備の場合、玄関ドアはかざすと鍵が開くタイプの電子キーでした。

オプション料金は10万円と高額になりましたが、鞄の中から取り出すことなく施錠できるタイプのスマートキーをオプションとして採用致しました。

雨の日や荷物が多い日は特にこのスマートキーの恩恵を感じることが多いです。

 

ただし、スマートキー自体が大きいので、車のスマートキーと合せてキーケースに付けるとかなり嵩張ることがデメリットです(笑)

また、何故かたまにスマートキーが作動せず施錠できないことがあるのが少し気になるポイントです。

なかなか鍵が開かないと玄関先で不安になるので、何とか解消してほしいポイントですねm(__)m

 

第2位 一階トイレ蓋 オート開閉装置

f:id:bsp68886:20200630172259j:plain

先日の記事でも少しご案内致しました1階トイレTOTOレストパル」という商品になります。

こちらは5万円程追加料金をお支払して蓋を自動開閉出来る仕様に変更してもらいました。

賃貸暮らしの時も蓋が自動開閉するトイレが付いていたので、マイホームでも必ず取り付けたいと思って迷わず採用しました(笑)

初期投資としてはかなり高く付きましたが、トイレは一日に何回も使う設備なので、ストレス無く使用出来ることは大事だと感じております。

 

第1位 2階天井のアクセントクロス

f:id:bsp68886:20200630194737j:plain

ちょうどリビングの吹き抜け部分の天井にあたる範囲を木目調のアクセントクロスに変更しました。

私が建築いただいた工務店では白等のシンプルな壁紙は標準装備なのですが、木目やタイル調等の凝ったデザインの物はアクセントクロスとして面積に応じた追加料金が発生する仕様となっていました。

2階の天井のほとんどをこのアクセントクロスにしたので、追加料金約1万円は痛手でしたが、お家の良いアクセントになってくれたので、採用して大変満足しております(*^_^*)

 

まとめ

理想を言うと追加料金なしの全て標準装備でマイホームを作ることが出来れば尚良しだと思います。

ただ、どうしても高品質の商品が欲しくなると有料オプション採用せざるを得ないというのが現実的ではないでしょうか。

そういう状況の中でも、オプションの取捨選択は必須になってくるかと思いますので、今回の記事が何かご参考となれば幸いです。

 

それでは本日はこれで終わりです。

ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村