イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等についてブログを書いてみました。

イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

革靴の「鏡面磨き」の重要性について

みなさん、こんにちは。

普段スーツに革靴を合わせた仕事着スタイルの方も多いのではないでしょうか。

そんな日常生活に根差した革靴ですが、今回は「鏡面磨き(鏡面仕上げ)」の重要性についてご紹介させていただきます。

 

「鏡面磨き」とは

鏡面磨き

鏡面磨き

革靴愛好界隈では、革靴のつま先や踵にワックスを塗り、鏡面のように仕上げる手法「鏡面磨き(鏡面仕上げ)」と呼称しております。

「鏡面磨き」は上手く出来るようになるまで修行が必要ですが、コツを掴んで上達すればかなりハマっていきます!

※私もまだ鏡のような艶までは到達出来ていませんが、楽しさにはしっかり目覚めております(笑)

 

鏡面磨きの方法

KIWIパレードグロス

KIWIパレードグロス

革靴用のワックスと水を交互に塗り込んでいくことで、革靴の表面に何層もの膜を作り、デコボコが埋まることで鏡のように仕上げていきます。

私も慣れるまでは表面を崩してしまったり、上手くワックスを乗せられませんでしたが、慣れることでなんとか鏡面に出来るようになりました。

ブログと一緒ですが、やはり『継続すること』が大事だと思います(笑)

 

ちなみに、私は↑のKIWIというブランドのワックスが個人的に光らせやすいと思っておりますが、ワックスはかなりたくさんのブランドから発売されているので、色んなワックスを使ってみるのも楽しみの一つだと思います。

(噂によると、ダイソーのワックスなんかも意外と光らせやすいとのことです笑)

 

「鏡面磨き」のメリット

メリット①ドレッシーさを演出できる

お気に入りの二足を鏡面磨き

お気に入りの二足を鏡面磨き

↑写真はお気に入りの革靴(左:ステファノブランキーニ、右:サントーニ)を「鏡面磨き」したものです。

「鏡面磨き」を行うことにより、革靴のドレッシーさを際立たせることが出来ます。

ビジネススタイルにおける鏡面磨き

ビジネススタイルにおける鏡面磨き

スーツ等のビジネススタイルにおいても、革靴がギラッと光ることでアクセントとなってくれます。

 

メリット②革靴の表面をガード出来る

鏡面磨きで表面をガードしたステファノブランキーニ

鏡面磨きで表面をガードしたステファノブランキー

毎日通勤で満員電車に揺られる方も多いのではないでしょうか。

(かくいう私も毎朝満員電車で格闘しております笑)

「高級革靴を購入しても人に踏まれるのは嫌だな・・・」と考える方も多いかと思いますが、「鏡面磨き」を行うことで、少なくともつま先や踵に関しては表面をプロテクトすることが出来ます。

 

メリット③磨くのが楽しい

お庭でサントーニを鏡面磨き

お庭でサントーニを鏡面磨き

エントランスで磨いたサントーニ

エントランスで磨いたサントーニ

結局はここに尽きるのだと思いますが、鏡面が仕上がってきた時の喜びがたまりません(笑)

ちなみに、 私はお庭やエントランスでお酒を飲みながら作業を行うことが多いです。

ゆっくり革靴に向き合う時間は贅沢な時間の使い方だと感じます(*^_^*)

 

「鏡面磨き」のデメリット

デメリット①数回着用すると鏡面が汚くなる

数回着用しているうちに、鏡面が傷つき、汚くなっていきます。

こうなると、一度鏡面を落としてまた新たに「鏡面磨き」する必要がありますので、面倒と感じる方にとってはとことん無駄な時間となってしまいます、、、

 

デメリット②ドレッシーになりすぎる

革靴をカジュアル履きしたい人にとって、ドレッシーになりすぎると着用しづらいという意見も聞いたことがあります。

鏡面磨きしたポリーニのローファー

鏡面磨きしたポリーニのローファー

↑写真はオンオフ兼用に使用しているポリーニのタッセルローファーを鏡面磨きしたものです。

「鏡面磨き」を行うと、確かにカジュアル感は薄まりますが、普段から綺麗目のコーディネートが好きな方にとってはそこまで問題にはならないと思います。

ですので、ここは好みの問題になってくると思います(笑)

 

まとめ

「鏡面磨き」のコツを掴むまでは苦労しましたが、メリットも多く感じております。

革靴を履くことが楽しく感じられますので、是非一度「鏡面磨き」試されてみてはいかがでしょうか。

 

それでは今回はここまでです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました(*^_^*)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村