イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のアラサーサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等について記します。

「注文住宅」の「外構工事」で後悔したポイント4選(駐車場、お庭、砂利敷き等)

こんにちは。

全国的に梅雨明けになった地域も多く、やっと長い梅雨シーズンが終わった感じがしますね。

今後は酷暑が訪れると思うと決して安心は出来ませんが、、、笑

 

さて、今回は「イシンホーム」フランチャイズ工務店で「注文住宅」による新築一戸建てを建築いただいた我が家で、「外構工事」の後悔ポイント4選をご紹介させていただきます。

 

今回も紹介動画を作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

 

 

はじめに

我が家は建物を建築いただいた工務店「外構工事」も併せて依頼しました。

「外構工事」の対応方法としては、

(1)建物の建築会社に「外構工事」も併せて行ってもらう

(2)建物の建築会社以外の、外構・造園会社に「外構工事」のみ依頼する

(3)自分で「外構工事」を行う

 

考えうる方法が上の3つなのですが、私の腕では(3)は絶対無しなので、実質2択です(笑)

建物を建築いただいた工務店様が土木造園系の公共工事を得意としていたことから、我が家では(1)の方法を選びました。

※(2)の方法により予算を削減出来たり、より良い「外構工事」を行ってもらえる可能性もあるので、どちらが良いということは無いと思います。

 

それでは前置きが長くなってしまいましたが、後悔ポイントをご紹介させていただきます。

 

①駐車場のコンクリート打ち(白色)

駐車場のコンクリート打ち

駐車場のコンクリート打ち

我が家は家の目の前に駐車場を配置しております。

もし私が造園が出来る几帳面さがあればアプローチ花壇等を作ったと思うのですが、絶対放置して雑草天国になってしまうと思ったので、全面コンクリート打ちにしました(笑)

 

コンクリート打ち自体は雑草も生えず管理面から大変優秀だと感じているんですが、色が白であることから、タイヤ痕がものすごく目立ちます。

先日エアコン工事に来られた業者さんがこの駐車場にトラックを駐車されたんですが、↑の写真の右端に見えるタイヤ痕を残していかれました、、、笑

(高圧洗浄機で掃除するのも面倒なので、雨で流れるのを待ちますm(__)m)

 

イカーも少し汚れた路面を走って帰ってくると汚れが目立ってしまうので、せめてグレーに近い色味に出来れば良かったなと感じました。

 

②建物脇の砂利敷き

建物脇の砂利敷き

建物脇の砂利敷き

建物の両脇は砂利敷きにしています。

理由としては、

(1)人工芝を敷く予算が無かったことと

(2)侵入者が入った際に砂利により音で感知できる

こうした理由で砂利敷きにしました。

※今思うと、ここだけ砂利敷きにしても侵入者を発見出来る気がしません(笑)

 

土身よりはお手入れは楽なのですが、それでもやはり夏場は雑草の繁殖が抑えられません。

ここは予算を掛けてでも人工芝を導入しておけば、より管理面でもデザイン面でも良かったのかと思いました。

 

③駐車場の広さ

駐車場の広さ

駐車場の広さ

私達夫婦は車の運転(特に駐車)が苦手のため、駐車場はなるべく広いスペースを確保したいと考えました。

実際に住んでみて駐車はかなり楽だと感じます。

 

ただし、駐車スペースを広く取った結果、我が家はお隣のお家と比較して建物の位置がかなり奥まった配置となりました。

見栄えの問題ですが、この辺りの住宅地は皆さん建物の前後位置を合わせているような感じなので、うちだけ奥まっているのがかなり目立ちます、、、

ここはお隣のお家とのバランスを考えた駐車スペース・建物位置を検討すれば良かったと後悔しております。

 

④お庭の広さ

お庭の広さ

お庭の広さ

駐車場のスペースを減らし、逆にお庭を広くすべきだったと感じています。

特に我が家はお庭に大き目のウッドデッキを採用したんですが、そのウッドデッキがお庭全体を圧迫してしまっております。

子供が走り回ったり、ビニールプールをしたりするにあたり、もう少しお庭を広く取れたら良かったと後悔しました。

(もう少しスペースがあれば懸垂用鉄棒とかも置きたかったです、、、)

 

もし今後駐車場とお庭のバランスを検討される方には、是非お庭を広めに取ることをオススメします!笑

 

終わりに

家と同じで、外構工事も住んでみないと使い勝手が分からない面が大きいです。

まず家のみ引き渡しを受けて、その後少しずつ外構工事を別途発注していくという方法もあるそうなので、そうした方法も個人的にはありかなと思いました。

 

なお、お庭の管理については、当ブログでいつもお世話になっている『ゆーちゃんねるKAZU』様のブログでクラピアのお手入れ方法等についてお話されていますので、お庭や外構についてご興味のある方は是非ご覧いただくことをオススメ致します。

www.y-channelblog.com

 

今回の記事が皆様のご参考となれば幸いです。

それでは本日はここまでです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村