イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等についてブログを書いてみました。

イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

スペインのコスパ革靴「Berwick1707(バーウィック)」のタッセルローファーをレビュー

みなさん、こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

今回は以前購入した「Berwick1707(バーウィック)」のタッセルローファーについて、着用を続けてのエイジング状況等ご紹介させていただきます。

 

なお、購入時の

開封動画

☆プレメンテナンス(初期のお手入れ)動画

 

以上も作成・公開しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致します(*^_^*)

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

「Berwick1707(バーウィック)」というブランド

スペインのアルマンサ地方から始まった革靴ブランドです。

グッドイヤーウェルト製法(本格革靴に使用されることの多い製法)をメイン製法としながら、コストパフォーマンスの高い革靴を提供していることで近年注目されているブランドになります。

 

なお、ブランド名から1700年代創業と勘違いされがちですが、これはスペインの歴史上有名な戦争の年号から取ったものであり、実際の創業は1990年代だそうです。

革靴業界の中では比較的新しいブランドですが、この短い期間で有名ブランドとしての地位を築いたと考えるとすごいですよね(*^_^*)

 

私の所有しているタッセルローファー

バーウィックのタッセルローファー

バーウィックのタッセルローファー

こちらは楽天市場で約25,000円程で購入しました。

決して安くはない値段ですが、百貨店等でグッドイヤーウェルト製法の海外製革靴を購入するとなると軽く5万円は越えてくるので、かなりお得に購入出来た感がありました(*^_^*)笑

 

なお、私が楽天市場で購入したのは並行輸入になります。

バーウィックは日本に正規販売店もあるので、並行輸入品に比べると割高にはなりますが、アフターフォローが充実していて試着も出来る正規販売店で購入するのもアリだと思います。

 

このローファーの嬉しいポイント

①「革質」が思った以上に良い

アッパーにはフランスの名門タンナー(革を鞣す会社のことです)アノネイ社が提供している「ベガノカーフ」という革が使用されています。

アノネイの革が使われている靴を購入するのは初めてでしたが、想像以上にモチモチしたキメの細かい「革質」をしており、いい意味で予想を裏切ってくれました(笑)

 

なお、約3か月履き込んだエイジング状況は↓のような感じです。

エイジング状況

エイジング状況

 皺も入り、革表面の艶が増して来てくれたように感じます。

 

②長く使える製法(コスパが高い)

↑でもご紹介しましたが、バーウィックの靴はほとんどがグッドイヤーウェルト製法」で作られています。

この製法はソールの交換をしてあげれば、靴を長い期間使用していくことが可能となりますので、長い目で見るとコストパフォーマンスが高いと言えます。

↓インソール(中敷き)にもグッドイヤーウェルト製法」の印字があります。

f:id:bsp68886:20200603165247j:plain

 

③オンオフ問わず使用可能

オンオフ使えるローファー
オンオフ使えるローファー
オンオフ使えるローファー

ローファーといえば学生の方が履いていたり、カジュアルシーンで着用するイメージが強いですが、「タッセルローファー」アメリカでは元々弁護士の方が好んで履かれていたり、ビジネスよりに履けるローファーとなっております。

オンオフ問わず着用できることはコストの面から考えても嬉しい仕様ですよね(*^_^*) 

(とはいえ、服装に厳しい会社や冠婚葬祭には使用は難しいと思いますが、、、)

 

個人的にはデニムに合わせても問題なく履けると思っております。

デニムコーデ

デニムコーデ

 

まとめ

今回は改めてBerwick1707の「タッセルローファー」をご紹介させていただきました。

 

コストパフォーマンスが高く、革靴界隈ではかなり盛り上がっているブランドになりますので、もし機会があればお試しされてみてはいかがでしょうか。

 

それでは今回は以上で終わりです。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村