イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等についてブログを書いてみました。

イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

革靴のお手入れについて

革靴のお手入れ方法をご紹介します。

みなさん、こんにちは。

今回は革靴のお手入れについて、私なりの方法をご紹介したいと思います。

 

お手入れ方法は千差万別

まず初めにお伝えしておくこととして、お手入れ方法は人によって違いがあるということです。

よくyoutubeで靴磨き動画やお手入れ方法について視聴するのですが、人によって意見が全くことなります。

革靴も違えば足の形も違いますし、革靴を履く頻度も人によって違いますので、お手入れ方法も違いが合って当然なのかなと思います。

そんな訳で、私のお手入れ方法もユニークなところがあるかもしれませんが、個性と思って流していただければ幸いです(笑)

 

革靴のお手入れ頻度

これは革靴を履く頻度によって異なってくると思いますが、私の場合

・同じ靴は2日連続して履かない

・一週間に履く回数は2回まで

このルールを守るようにしています。

これを前提に、大体二週間に一回はお手入れをするようにしていますね。

 

ステップ①汚れ落とし

馬毛ブラシで軽くブラッシングし、埃や塵を落としてあげます。その後、革についた汚れや古いクリームを落とすのですが、私はこちらを使用しています。

f:id:bsp68886:20200525002506j:plain

M.モウブレイのステインリムーバーです。こちらを古布等につけて磨いてあげると、汚れがきれいに落ちてくれます。

(ワックス等どうしても落ちない頑固な汚れは有機溶剤のリグロインを使用して落とすこともあります)

 

ステップ②クリームの塗布

革には水分と油分を与えてあげることで、艶が出てひび割れを防ぐ効果があります。

(1)デリケートクリームで水分を注入

f:id:bsp68886:20200517153611j:plain

こちらもM.モウブレイのデリケートクリームを使用しています。

 

(2)クレム1925で油分を注入

f:id:bsp68886:20200521143155j:plain

油性クリームには保革効果の他、艶を出す効果もありますので大事です。

 

ステップ③ブラッシング

クリームを入れたら、しばらく乾燥させてブラシでブラッシングを行っていきます。

私の場合、豚毛ブラシ→馬毛ブラシ→山羊毛ブラシの順番でブラッシングしています。

山羊毛ブラシは高価ですが、きめ細かい艶が出ますのでおススメです。

f:id:bsp68886:20200525003145j:plain

私はコロニル1909の山羊毛ブラシを使用しています。

 

ステップ④グローブクロスで拭き上げ

仕上げとして、グローブクロスを使用して拭いてあげると、かなり艶がでます。

f:id:bsp68886:20200521143418j:plain

私は写真のモウブレイのものを使用していますが、ムートン素材のものなんかも良いのかなと気になっています。

 

ステップ⑤鏡面磨き

ここからは好みなのですが、つま先やかかと部分を鏡面に仕上げたい方はワックスを使用してポリッシングしてあげれば良いと思います。

私は毎朝満員電車で革靴を踏まれる脅威にさらされているので、保護も兼ねて必ず鏡面磨きするようにしています。

f:id:bsp68886:20200522165825j:plain

↑こちらはKIWIのニュートラルワックスです。

ギラっとした艶が出ますが、慣れるまで時間がかかりました、、、

 

ワックスを塗る時はまず手で3層ほど塗って下地を作り、その後濡らした布に少しだけワックスを付けて水ときしてあげれば光ってきます。

(かなり根気がいる作業です)

 

まとめに

革靴も定期的にお手入れしてあげることで、寿命が延びますし、何よりきれいな靴を履くことでテンションが上がるのでおススメです。

皆様も一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこれで終わりです。

ありがとうございました。