イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等についてブログを書いてみました。

イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

Aldenオールデンコードバンシューズをレビュー

コードバンシューズといえばAldenとも言われるアメリカの名門ブランド

 

みなさん、こんにちは。

先日初めてのコードバンシューズとしてカルミナのローファーを購入した話を記事にしましたが、今回はまたまたコードバンシューズを購入した件をお話したいと思います。

 

コードバンの魔力に取りつかれました

前回記事でもご紹介しましたが、コードバンシューズには独特のギラッとした艶があり、エイジングするほど輝きを増す特徴を持つ大変魅力的な靴です。

そんなコードバンシューズの中でも、アメリカの靴ブランドであるAldenが最もメジャーであると聞いていたため、機会がありついに購入したのです。

 

それがこちら!!

f:id:bsp68886:20200520132858j:plain

f:id:bsp68886:20200520132915j:plain

 

f:id:bsp68886:20200520132945j:plain

 

オールデンのロングウイングチップ9751のブラックカラーです。

写真からでもギラッとしたコードバン特有の艶をご確認いただけるのではないでしょうか。

 

こちら、有名オークションサイトであるヤフオクにて中古品で4万5000円で購入いたしました。

インソールのロゴが消えていたり、外傷も少しあったりで極上の状態ではありませんでしたが、Aldenコードバンシューズを入門するにあたっては丁度良い金額だったと思います。

 

サイズさえ合えば・・・

革質やデザインについては申し分なかったのですが、このモデルは少し大きめのサイズ感となっているようです。

普段革靴は26.5センチを履く私にとって、USAサイズだと8.5がジャストになるかと思いましたが、それでは大き過ぎたようです。

踵がぶかぶかになってしまいました。サイズは8が良かったようですね。

モデルにもよると思いますが、みなさまもサイズ選びはくれぐれも慎重になさってください(;_;)

 

ヤフオクやメルカリは庶民の味方!

フリマサイトやオークションサイトは手ごろな価格で高級ブランド品を手に入れることができますが、当然ながら試着等はできないのが大きなデメリットですね。

でもAldenコードバンシューズを日本でまともにせくレクトショップで新品購入しようとすると15万円近くはすると思いますので、メリットが大きくなかなかやめられませんね(笑)

 

コードバンシューズのお手入れ

カルミナをご紹介した際にも触れましたが、コードバンの靴磨きの際は、カッサ棒により革表面をなめらかにする作業を行うことで、艶が劇的に増します。

それと、靴磨き系のyoutuberの方の間ではコードバンシューズに関しては豚毛ブラシを使用しない方が良いと言われていますね。

私は軽くなら豚毛ブラシを使っても傷が付くことはないと思っていますが、馬毛ブラシと山羊毛ブラシだけでも十分な艶を出すことができるため、豚毛ブラシは使っておりません。

 

また靴磨きの方法や使っている道具についても、何かの機会にまとめて記事にさせてもらいますね。

それでは今回はこれにて終わりです。