イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のアラサーサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等について記します。

「Enzo Bonafe」(エンツォボナフェ)の革靴を購入したのでレビューします

イタリアの名門靴メーカー

みなさん、こんにちは。

都道府県によっては緊急事態宣言が解除されましたが、これからは梅雨の季節ですので、革靴を履くにも気を使いますよね・・・

そんな状況でも、変わらず革靴紹介していきます!笑

 

目次

 

イタリアの名門靴「Enzo bonafe」のプレーントウシューズ

良い革を使っているのが写真でもお分かりいただけますでしょうか?笑

f:id:bsp68886:20200518204053j:plain

 

こちらも前回のクロケット&ジョーンズと同じ、「三田プレミアムアウトレット」の「ユナイテッドアローズにて56,000円程で購入致しました。

(百貨店やセレクトショップ等で「Enzo Bonafe」を購入しようとすると最低でも7~8万円程はするので、かなりお得な価格だったと思います)

 

「三田プレミアムアウトレット」の「ユナイテッドアローズ

インポートセレクトアイテムに力を入れているそうで、いつ行っても有名海外ブランドの革靴がセールプライスで置かれています。

(海外製ブランド靴に詳しい店員さんがいらっしゃって、ごくまれにオールデンやチャーチが入荷することもあると教えていただきました、大変ありがたい情報です(笑))

 

また、電話で現在どのような海外ブランドが販売されているか聞くと気軽にお答えいただけるので、実際に行かれる前にラインナップを確認するのもアリだと思います。

 

最大の特徴は目立つ赤のライン

f:id:bsp68886:20200518204558j:plain

 

黒一色のシンプルなプレーントウも良いですが、赤のラインがアクセントになって、映えますよね(*^_^*)笑

ちなみに製法はマッケイ製法で作られており、この写真を撮った際は少しエイジングが進んでおりますが、履きはじめからとても歩きやすく、足なじみが良いです。

グッドイヤーの靴も長く使える点等で良いですが、マッケイ製法の靴は買ってすぐに抜群の履き心地を楽しめるのが魅力ですよね。

 

「Enzo bonafe」と「namacheko」のダブルネーム

ユナイテッドアローズの別注靴ということではないそうです。

f:id:bsp68886:20200518205000j:plain

 

エイジングを最大限楽しむために

私は革に水分と油分を入れるために、以下2つのクリームを使用しています。

①M.モウブレイ デリケートクリーム

 ⇒コスパが良く、匂いも個人的にグッド。乾くのも早い気がします。

M.モウブレイ デリケートクリーム

M.モウブレイ デリケートクリーム

 

②クレム1925 

 ⇒靴磨き界で大変有名な油性クリームです。私は現在無色のニュートラルを使用

  しておりますが、非常に艶が出やすいですね。

  将来的にはブラックやバーガンディー等各種色を取りそろえたいと野望を抱いて

  おります(笑)

クレム1925

クレム1925

 

みなさんはどんなクリームを使って靴磨きをされていますか?

クリームによってマットな艶になったり、ギラギラ光ったり、道具によって革靴の表情が変わるのも靴磨きの醍醐味だと思います。

是非一度靴磨きをされてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこれにて。