イシンホームで新築一戸建て&革靴革製品ブログ

元公務員のアラサーサラリーマンがマイホーム建築、革靴革製品の購入記録等について記します。

「注文住宅」「マイホーム」の外観でこだわったポイント5選

「一戸建て」において、外観はお家の顔となります

皆様、いつも当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

我が家では「イシンホーム」フランチャイズ工務店で新築一戸建てを建築いただきましたが、注文住宅ということで、外観には夫婦でかなり悩み決定していきました。

そこで、今回は我が家の外観でこだわったポイント5選についてご紹介させていただきます。

 

紹介動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願いしますm(__)m

 

www.youtube.com

 

目次

 

①洋風デザイン

我が家では、工務店さんとの打ち合わせのかなり早い段階から「洋風デザインのお家を建てたい」というコンセプトを伝えておりました。

これは特に妻が強く要望しておりまして、私は頑なに「シューズクローク」「書斎」の設置を主張したため、外観の主導権は妻に持っていかれてしまいました、、、笑

(私はもっとモダンな外観が好みです。妻の前では言えませんが、、、)

 

なお、工務店さんからは4つのカラープランをご提案いただきました。

カラープラン

カラープラン

私は案2や4も好きでしたが、最後は妻に押し切られ案1で確定致しました(*^_^*)笑
こうしたカラーバリエーションの検討も「注文住宅」の醍醐味ですよね。

 

②下がり壁(垂れ壁)の設置

下がり壁(垂れ壁)

下がり壁(垂れ壁)

下がり壁とは、↑玄関ドア付近の門型の壁のことです。

(垂れ壁とも言うそうです)

これは設置することで玄関ドアを開ける際に雨にぬれずに済むといった機能性のメリットもありますが、デザイン的にもアクセントになってくれたと思います。

この下がり壁は追加料金が発生するかと思いましたが、標準料金の中に収めていただけたので、大変ありがたく感じております。

 

③「シンボルツリー」の植栽(樹種:シマトネリコ

シンボルツリー植栽

シンボルツリー植栽

我が家は駐車場をコンクリート打ちのオープン外構としていたため、何か植物の要素が欲しいと考え、「シンボルツリー」として「シマトネリコ」を植栽いただきました。

これも建物の良いアクセントになってくれたので、採用して本当に良かったと思います。

 

ただし、「シマトネリコ」は水やりや肥料撒きの手間は掛からないのですが、剪定をサボるとスクスク成長して収集が付かなくなるようなので、小まめに剪定をしてあげたいと思います。

 

④「洋風瓦」

洋風瓦

洋風瓦

我が家の屋根は全てダークブラウンの「洋風瓦」を採用しました。

私個人はスレートやガルバリウム鋼板のようなモダンでカッコいい屋根が好きなのですが、建物全体の洋風なコンセプトに合わせて最終的には「洋風瓦」で落ち着きました。

ダークブラウンの色味に落ち着きがあるので、今では愛着があります。

 

⑤「神島産業」レンガ調サイディング外壁

「神島産業」タイル調サイディング外壁

「神島産業」レンガ調サイディング外壁

外壁は「神島産業」というメーカーから発売されているレンガ調のサイディング外壁を採用しました。

本物のレンガやタイル外壁に比べると機能面や高級感は劣りますが、安価でレンガ調を楽しめるのでコストパフォーマンスは高いと感じます。

この模様は洋風な我が家にしっかりマッチしてくれたと思います。

 

まとめ

「マイホーム」の「外観」はお家の顔として目立つ要素でもありますし、お気に入りの「外観」にすることで、より愛着を持つことが出来ると思います。

この記事が皆様のリフォームや家づくりのお役に立てれば幸いです。

 

それでは今回はこれで終わります。

最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

「新築一戸建て」マイホーム入居後にして良かった「手続き」5選

いつも当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

家づくりにあたっては、建築前~中から住宅ローンの金消契約工務店との請負契約締結等たくさんの「手続き」を遂行しましたが、建築が終わり、入居してからも多岐に渡る手続きを行う必要がありました。

 

今回は「イシンホーム」フランチャイズ工務店「注文住宅」による「新築一戸建て」を建築いただいた我が家で入居後にして良かったと感じる「手続き」5選をご紹介させていただきます。

 

紹介用の動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

 

目次

 

①すまい給付金の申請手続き

すまい給付金申請手続き

すまい給付金申請手続き

「すまい給付金」とは、ざっくりと説明しますと「家を買った人に現金をあげますよ」という制度になります(かなりざっくりな説明ですみません、、、笑)

 マイホームを購入すると引っ越し費用や家具家電の購入費用等何かと現金が必要になりますので、この制度は大変嬉しい制度になります。

受給要件もあり、上限は50万円と決まっているのですが、割と簡単な手続きを行うだけで現金を受け取れるので、受給要件に当てはまる可能性がある方は必ず手続きを行ってください(>_<)

 

②住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除

通称「住宅ローン控除」とも呼ばれるこの制度は、住宅ローン借り入れを行っている人を対象として、所得税の特別控除を行う制度になっております。

これは 一定金額以上の住宅ローンを借り入れていること等、要件をクリアする必要がありますが、所得税が控除される可能性があるため、該当可能性のある方は建築会社の営業さん等へご相談されることをオススメ致します。

 

実際に私も工務店の担当営業さんが確定申告書類作成を手助けして下さったおかげで、何とか手続きを行うことが出来ました。

勤め先で「年末調整」を行っている場合は、初年度のみ確定申告を行うことで、2年目以降は「年末調整」により特別控除が行われるそうです。

 

確定申告は手続きが煩雑ですが、1年目だけと割り切って、元気を振り絞り手続きをされることを強くオススメ致します。

 

③郵便物の転送手続き

郵便物の転送

郵便物の転送

私はマイホームに入居する前は賃貸マンションに住んでおりました。

マイホーム入居後すぐに郵便物の送り主(クレジット会社や銀行等)に住所変更手続きを行うことが出来れば問題ないのですが、実際にはすぐに手続きを完了させることは難しいため、郵便局に「転送手続き」を行うことにしました。

 

転送手続き自体はインターネット上ですぐに行えましたので、簡単でオススメです。

ただし、転送の有効期限は1年間なので、それを越えると恐らく転送してくれなくなります、、、

マンションの管理人や次の入居者の方に迷惑がかかってしまうので、1年間の猶予期間中に全ての送り主に対して住所変更手続きを完了させる必要があります。

(我が家ではまだ全て手続きを終えられていないので、今後頑張っていきますm(__)m)

 

④火災保険への加入

 

火事や地震等のリスクに備えて、火災保険への加入はマストになると思います。

建築いただいた工務店で加入いただくことも可能だったのですが、似たような保障内容でより安い保険料である「楽天保険」に自分で申し込むことにしました。

 

水害発生のリスクが少ない地域であるため、水害特約を外し、最低限の保障にすることで保険料を抑えられたと思います。

 

なによりも、高額な商品購入となったため、楽天ポイントが私の懐に入って来たのが嬉しいポイントでした^ ^笑

 

自治会への加入

 

私が居住し始めた地域では自治会への加入は絶対ではありません。

ただし、ご近所に挨拶周りをした際に、この辺りは加入率100パーセントだよ、と言われすぐに加入を決断しました笑

 

自治会費が発生したり、溝掃除の当番があったりしますが、自治体への団体要望等は個人では出来ないことなので、安心して暮らすためには自治会に加入出来て良かったと考えております。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

諸手続きは煩雑さこそありますが、お金をもらえること等は忘れずにこなしていきたいですよね。

今回の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

「注文住宅」で採用した「高額オプション」トップ5

オプション装備選びは底なしの沼です笑

こんにちは。

「注文住宅」において、「オプション装備」の検討は楽しい時間でもあり、追加費用の発生の観点から頭を悩ます種ですよね。

お金がたくさんあればオプション御殿を築くことも出来ると思いますが、予算には限りがあるので、オプションは厳選してチョイスすることになったという方も多いのではないでしょうか。

 

今回は「イシンホーム」フランチャイズ工務店で新築一戸建てを建築いただいた我が家で、「高額だったオプショントップ5」をご紹介させていただきます。

 

なお、紹介動画も作成しておりますので併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致します。

 

www.youtube.com

 

目次

 

第5位 エントランス靴箱の鏡(姿見)

靴箱の姿見

靴箱の姿見

エントランスの靴箱自体は「標準装備」で付属してきたのですが、鏡までは付いてこなかったため、オプション料金約2万円を掛けて付けていただきました。

私は革靴が大好きで、玄関でお出かけ前に革靴を含む全身のコーディネイトを確認出来たらいいなと思っておりました。

もちろん別途鏡を置いても良かったのですが、靴箱に鏡が付いていればスペースを取らずに済むなと考えてこちらのオプションを採用致しました。

お出かけ前のコーデチェック

お出かけ前のコーデチェック

↑いつもこんな感じで、革靴を履いた上でコーデの最終チェックを行っております。 

オプション料金2万円ぐらいならいいかな~、と思ってしまうあたり、マイホームハイになっていた証拠だと思いますm(__)m笑

 

第4位 主寝室のエアコン設置工事

エアコン設置工事

エアコン設置工事

主寝室には賃貸マンション暮らし時代に購入したエアコンを設置してもらいました。

建築いただいた工務店さんに以下の工事を行ってもらったのですが、

1賃貸マンションから撤去

2運搬

3主寝室への取り付け

 

この作業を総計4万円程で行っていただけました。

決して安い金額ではありませんが、新しくエアコンを購入するともっと金額が高くなっていたため、してもらって良かった追加工事だったと思います。

 

第3位 1階トイレ蓋の自動開閉装置

トイレの蓋の自動開閉装置

トイレの蓋の自動開閉装置

当ブログで既に何度も登場させてしまっておりますが、この自動開閉装置は高く付きましたが採用して本当に良かった装備になりました。

自動開閉装置の追加だけで約6万円程かかったので決して安くは無いのですが、トイレの度に手動で蓋をあける必要が無くなったため、生活の便利さが向上したと思います。

 

第2位 玄関ドアのスマートキー

玄関ドアのスマートキー

玄関ドアのスマートキー

玄関ドアは「標準装備」だと、ドアに鍵をかざすことで施錠できるタイプの物でした。

買い物から帰った時等、両手が塞がっていることが多いので、鞄から取り出さずにドアスイッチ押すだけで施錠できるスマートキーオプション料金約8万円程で変更いただきました。
 

少し余談になりますが、この水色のドアは外観のデザイン的に大変気に入っておりますが、こちらはオプション扱いではなく「標準装備」として導入出来たのが嬉しいポイントでした。

 

第1位 お庭の人工芝

お庭の人工芝

お庭の人工芝

 こちらも既に何度も登場させてしまっておりますが、、、

www.bsp68886.com

人工芝はオプション料金約10万円の支払いで敷設いただく事が出来ました。

「標準装備」の場合は砂利敷きか天然芝を選ぶことが出来ます。

特に天然芝は見た目の素敵さから導入したい設備でもあったですが、お手入れ等絶対に管理出来ないダメな自信があったため、すぐに諦めましたm(__)m

 

当ブログでいつもお世話になっているKAZU様がいつも綺麗にお庭を整備されているのを見て羨ましく思いつつも、真似は出来ないと思ってしまいます、、、笑

www.y-channelblog.com

↑このクラピア成長期が成長具合が分かりやすく、大変オススメの記事です(*^_^*)

 

少し話が逸れましたが、私のようなズボラ人間の場合は高額なオプション料金を掛けてでも人工芝を敷くことを強くオススメ致します笑

端から少しだけ雑草も生えてきますが、そこだけは頑張って抜いていきたいと思います!

 

まとめ

「オプション装備」は魅力的な物が多いです。

(これはハウスメーカー側の戦略だと思います笑)

予算には当然限りがありますので、優先順位を付けてオプション選びをすることが大切だと感じました。

今回の記事が皆様の家づくりやリフォーム等のお役にたてれば幸いです。

 

いつも最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

注文住宅で付いていて良かった「標準装備」ベスト5


「標準装備」が充実していると、「オプション料金」を抑えることが出来ます。

いつも当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

我が家では、「イシンホーム」フランチャイズ工務店で「注文住宅」による新築一戸建てを建築いただきました。

 

「注文住宅」では、工務店「標準装備」として設定している装備を選べば追加料金の発生無しで建築できますが、「標準装備」外の装備を選ぶとオプション料金が発生してしまいます。

今回は私が建築いただいた工務店様で付いていて良かった「標準装備」ベスト5をご紹介させていただきます。

 

なお、紹介動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

 

www.youtube.com

 

目次

 

はじめに

どの装備が「標準装備」でどれが「オプション」扱いとなるのかは、最終支払金額に大きく影響してきますので、我が家では建築いただいた工務店様以外にも、色んなハウスメーカーを回るうえで意識して質問しておりました。

もしこれから家づくりを計画されている方は、モデルハウス巡り等される場合はこの点にご注意されることを強くオススメ致します。

 

前置きが長くなってしまいましたが、ここからはランキングを発表していきます!

 

第5位 ECO-I熱交換換気システム(第一種換気)

キッチン床下の熱交換システム

キッチン床下の熱交換システム

ECO-Iシステム

ECO-Iシステム

我が家では、全ての部屋が「24時間換気システム」で「熱交換」の管理をされています。

この「熱交換」とは、外から建物内への空気の入り口を一か所に絞り、そこで取り入れた空気を一度床下(キッチンの床下辺り)で温度調整して各部屋へ循環させるというシステムになっております。

 

実際に真冬や真夏の生活を経験してみて、エアコン無しで生活出来るようなシステムではないと感じましたが、室外と比較すると快適な温度に管理されているとは実感出来ました。

また、外気の取り入れ口はアレルギー物質のカットが出来るようになっているので、建物内は常に綺麗な空気が循環しているということも個人的には嬉しいポイントだと感じております。

 

こうした熱交換システムが「標準装備」として付いて来たことは大変ありがたいと思いました。

 

 

第4位 現場吹付断熱材(アクアフォーム)

吹付断熱材

吹付断熱材

壁の内側に詰める断熱材は現場で吹付を行う「アクアフォーム」「標準装備」となっておりました。

吹付断熱はスプレー式で噴射して施工していくため、隙間なく施工されやすいというメリットがあります。

せっかくの断熱材も隙間が空いていたら断熱効果が大きく損なわれてしてしまうそうなので、この「吹付断熱」が標準装備として付いていたのはありがたいポイントでした(*^_^*) 

 

 

第3位 インナーバルコニーのデザイン手摺り

インナーバルコニーのデザイン手摺り

インナーバルコニーのデザイン手摺り

インナーバルコニーの手すり部分はデザイン手摺りを標準装備として付けていただきました。

これは内側からの見た目も向上しましたが、特に外から建物を見た時のアクセントになってくれることが嬉しい装備です。

 隙間が小さいため、子供が誤って転落してしまうリスクも心配いらないと思います。

 

 

第2位 窓がオール「樹脂サッシ」且つ「複層ガラス(アルゴンガス入り)」

オール樹脂製サッシ

オール樹脂製サッシ

サッシは大きく分けると「アルミサッシ」「樹脂サッシ」「複合サッシ」に大別できます。

 

「アルミサッシ」は腐食に強く耐久性が高いですが、熱を伝えやすく結露の発生により建物内にカビが繁殖するリスクあり。

 

「樹脂サッシ」は熱が伝わりづらく、断熱性能が高い。結露が発生しづらい。高価なため、オプション扱いとなりやすい。

 

「複合サッシ」は建物外側がアルミ、内側が樹脂となっている。外側の耐久性が高くなるメリットがある。

 

建築いただいた工務店様では建物内のすべてのサッシが「標準装備」で「樹脂サッシ」となっていました。

私が廻った建築会社では「樹脂サッシ」を「標準装備」としている会社は少なかったため、これは嬉しい「標準仕様」だったと思います。

また、ガラスは2層になっており、層の間にアルゴンガスが注入されていることで、より断熱性能を高めているところも嬉しいポイントでした。

 

第1位 吹き抜け部分のデザイン手摺り

スケルトン階段のデザイン手摺り

ケルトン階段のデザイン手摺り

リビングから2階に向けた吹き抜け部分のスケルトン階段に関しては、階段の手すりを「標準装備」でデザイン手摺りにしてもらうことができました。

このスケルトン階段は我が家でトップクラスに目立つ装備なので、ここを「標準装備」としてお金を掛けずにデザイン手摺りに出来たことは大変嬉しい仕様でした。

 

まとめ

「標準装備」が充実していれば、追加料金の発生無くお家を建てることが出来ると思います。

我が家では結局オプションを追加する箇所もありましたが、「標準装備」については充実していた方だと思うので、大幅に契約金額が上昇することは無くお家作りを終えることが出来たと思います。

 

今回の記事が皆様の家づくりのご参考となれば幸いです。

それでは今回はここまでです。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

賃貸マンションから「注文住宅」一戸建てに引っ越して良かったと感じた点ベスト5

「賃貸マンション」から「一戸建て」に引っ越して良かった点ベスト5

 

皆さん、こんにちは。

我が家は賃貸マンションから「イシンホーム」フランチャイズ工務店で建築いいただいた「マイホーム」に移り住みましたが、今回はその移住によりメリットを感じた点ベスト5をご紹介させていただきます。

 

なお、紹介動画も作成しておりますので併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致します(*^_^*)

 

www.youtube.com

 

目次

 

はじめに

前提としてお伝えさせていただくと、賃貸マンションが一戸建てに対して劣っているということではございません。

どちらも一長一短だと思いますが、今回は一戸建て側のメリット紹介という視点でご覧いただければ幸いです(*^_^*)

 

第5位 家を出てすぐ車に乗り込める

玄関前の駐車場

玄関前の駐車場

賃貸マンションでは2階に住んでいたため、共有の階段を下りて、さらに建物から少し離れた場所まで車を取りにいく必要がありました。

今は玄関を出てすぐに車があるので、こうした不便が無くなって大変ありがたく感じております(*^_^*)

 

第4位 毎月の賃料と同額程度のローン返済額で一軒家に住めること

これはマイホームを建てた職場の先輩や色んなハウスメーカーの営業さんから懇々と聞かされたセリフでもあります笑

賃貸マンションの賃料+駐車場代+共益費と同額程度のローン返済額で、自分のこだわりを詰め込んだ「一軒家」に住めることがメリットだと思いました。

ただし、実際には毎年度初めに土地+建物の固定資産税の支払いもあるので、完全に同額とは言えないと思いますが、月々の支払額で言うと同水準になってくるので、それならマイホームもありだなと感じております(*^_^*)

 

第3位 生活音を気にすることが無くなった

これは自分が発する音と、周囲から発される音の両方に対して言えます。

賃貸マンションに住んでいる頃は

・深夜に物音を出すこと

・趣味のドラムの練習をすること(これかなり周囲に迷惑を掛けていました)

・足音

こうした音が響きやすかったため、特に気を使っていました。

自分も音を出さないように気を使いますし、周囲の部屋から出る音も気になっていたので、マンションの壁自体も結構薄かったのかなと思います。

一軒家に住んでからはこうした生活音を気にすることが無くなったので、日々のストレスを軽減出来たと感じています。

 

特に私は趣味でバンドのドラムをしているのですが、賃貸マンションに住んでいる時は練習用パッドを叩くこともかなり躊躇しておりました。

楽器が原因でご近所トラブルになる話は良く聞きますので、かなり気を使っておりましたが、一軒家になったのでこれからはバシバシ叩いていきたいと思います(*^_^*)笑

(当然家族への配慮は必要となりますが、、、)

ドラム練習用パッド

ドラム練習用パッド

流石にスネアドラム(写真の右側の小太鼓です)のような生音演奏は控えようと思いますm(__)m
 

第2位 お庭を持つことが出来た

一軒家のお庭

一軒家のお庭

 賃貸マンションでも1階であれば十分なお庭スペース が確保されていることがありますが、今まで私が住んでいた賃貸マンションにはあまりお庭スペースが無かったため、初めてお庭を確保することが出来ました。

ウッドデッキで革靴を磨いたり洗濯物を干したり等色んな用途に使えているので、お庭スペースを確保出来たのは大変嬉しいポイントです。

 

第1位 自分の好みの間取りに住める

これは「注文住宅」についての話になりますが、自分のこだわりの間取りに住めるのはマイホームの最大のメリットだと個人的には感じております。

↓間取りについては以前記事を作成しておりますので、良ければ併せてご覧下さい。

www.bsp68886.com

リビングとダイニングの併設

リビングとダイニングの併設

例えばリビングとダイニングを隣り合わせにしたり、自分のこだわりのライフスタイルを実現できる間取りを取れるのが嬉しいポイントです。

賃貸マンションでは決まった間取りに自分のライフスタイルを合わせていくことになるため、一戸建てならではのメリットではないでしょうか。

(分譲マンションならある程度のリフォームは出来ると思います)

 

まとめ

今回は賃貸マンションと比較した注文住宅のメリットをご紹介させていただきましたが、逆にデメリットに感じた点ももちろんありますので、それは別途後日ご紹介させていただきます(*^_^*)

 

それでは今回はこれで終わりになります。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

【イタリア名門靴】POLLINI(ポリーニ)のタッセルローファーを購入しました。

「POLLINI(ポリーニ)」の革靴はデザイン性抜群の一足でした。

こんにちは。

昨日あたりから、うだるような暑さが続いていますね。

私も漏れなく暑さにやられておりますが、今日はテンションの上がる一足が到着しましたので、気持ちを切り替えてご紹介させていただきます。

 

動画でも開封の様子とレビューをご案内しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※高評価・チャンネル登録も何卒よろしくお願い致します(*^_^*)

 

www.youtube.com

 

目次

 

 

『POLLINI(ポリーニ)』の『タッセルローファー』

また「革靴」買ったのか!とツッコミをいただいてしまいそうですが、そうなんです。またまた購入してしまいました笑

お小遣いは月3万円です。使わなくなった靴やカバンを売ったりしながら、何とかやりくりしているので私は決してお金持ちのではありませんm(__)m笑

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回購入したのがこちらになります。

POLLINI(ポリーニ)

POLLINI(ポリーニ

イタリアの名門靴ブランド「ポリーニ」になります。

実は私このブランドのことは全く知らなかったのですが、ヤフオクでネットサーフィンをしていた時に偶然見つけてしまい、一目ぼれした結果いつの間にか購入してしまっておりました、、、笑

創業60年を越える老舗ブランドで、レディース靴が特に有名であるそうです。

伊勢丹等でも取り扱いある由緒ただしいブランドであるとのことでした)

 

購入したのはタッセルローファー

先日ご紹介させていただいた『Berwick1707』も『タッセルローファー』でした。

www.bsp68886.com

何足同じタイプの革靴を買うんだと自分でも思ってしまいましたが、こう暑いとアンクルソックスで涼しく履ける革靴が複数必要だろうと自分に言い聞かせております(笑)

 

開封の儀

大変お待たせしました。

実際の品物がこちらになります。

POLLINI(ポリーニ)タッセルローファー

POLLINI(ポリーニ)タッセルローファー

先日購入した「Berwick1707」のタッセルローファーが丸みのあるカジュアルよりタイプだとすれば、こちらはよりエレガントなドレスよりのタイプだと感じました。

(個人的にはこうしたドレッシータイプの革靴が大好きです)

 

こちらの素材は『カーフ』なのですが、モチっとした良質な革が使用されてる感じがあります。

今後『エイジング』により艶感を楽しめそうな一足です(*^_^*)

 

製法は『セメンテッド製法』

セメンテッド製法

セメンテッド製法

インソール(中敷き)に赤のステッチ(縫い目)があったため、イタリア靴によく見られるアッパーとソールを縫い合わせた「マッケイ製法」かと思いましたが、出品者の方によるとそれらを接着剤で貼り合わせた「セメンテッド製法」のようです。

 

セメンテッド製法は修理しづらく、長期間に渡って使用することが難しいというデメリットもあると聞いたことがありますが、

・縫い目が無いため雨の際も靴底から浸水してこない

・購入当初から履き心地が良い

こうしたメリットがあるため、個人的には大きなマイナス要因だとは感じていません(*^_^*)

 

実際に着用してみました

試し履き

試し履き

履き心地は良く、シャープなシルエットであるため、今後はオンオフ問わず活躍してくれそうです。

「Berwick1707」のタッセルローファーに使用されていた「ベガノカーフ」も良かったですが、こちらの革靴の品質も決して負けていないなと感じました(*^_^*)

 

まとめ

今回初めてのブランドにチャレンジしましたが、総じて購入して良かったと感じる商品でした。

どうも最近はイタリア靴ばかり購入している気もしますが、今後は違う国の革靴にもチャレンジしていきたいと思います(*^_^*)笑

 

それでは今回はここまでです。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

【元市役所職員が語る】「地方公務員」になって良かったと感じた点ベスト5

こんにちは。

以前の記事で新卒採用された市役所を6年で退職したお話をさせていただきました。

www.bsp68886.com

 

もう退職してしばらく経過しているので、当時の記憶も薄れつつあるのですが、今回は「地方公務員になって良かったと感じた点ベスト5」をご紹介させていただきます。

地方公務員になって良かった事

地方公務員になって良かった事

 

なお、紹介動画も作成しておりますので、併せてご覧いただければ幸いです。

※チャンネル登録、高評価も何卒よろしくお願い致します(*^_^*)

 

www.youtube.com

 

目次

 

第5位 給与面等、景気に左右される事が少ない

営利企業の場合は当然会社の業績や個人の成績に応じて給料やボーナスが左右されますが、公務員」の場合は景気によって大幅に変動することはありません。

(社会情勢に応じて多少変動することはありますが、、、)

 

これはバブル時の好景気にも給与が上がらないジレンマは置きますが、不況のご時世においては、大変ありがたいポイントだと思います。

 

ただし、「地方公務員」の場合、その自治体の財政状況が著しく悪化している場合職員の給与10%カットされた事例等を見たことがありますので、もし今後地方公務員になることを検討されている方は、該当市町村がそうした状況になっていないか事前に確認されることを強くオススメ致します。

 

第4位 福利厚生が充実していること

職員の福利厚生は各自治体によって異なります。

私が勤務していた自治体では休暇制度を中心として、比較的福利厚生が充実していたので、そこは嬉しいポイントでした。

有給休暇以外に

 

・傷病休暇

・育児休暇

・リフレッシュ休暇

・夏季休暇

 

など休暇制度が充実しておりましたので、ここはありがたいポイントだと感じていました。

また、出産休暇や育児休暇は取得しやすい風潮もありましたので、女性職員の方が休暇を取得後に復職するケースも多く、男女共に働きやすい環境だったと思います。

 

第3位 カレンダー通りの休日

基本的に休日はカレンダーに従い、土日祝と定められていました。

(公営図書館勤務の場合等はシフト制の勤務になることもあります)

お休みが暦通りだと家族のお出かけ等もスケジュール調整がしやすいので、ここは嬉しいポイントでした。

 

ただし、退職理由の記事でも紹介しておりましたが、多忙な部署の場合は休日返上勤務をしている職員も多かったので、確実に土日祝をしっかり休めるとは言えないところです。

 

第2位 引っ越しを伴う転勤が(ほぼ)無い

基本的にはその自治体内の施設(ほとんどは役場です)で勤務することとなります。

地元で働きたい・住みたいと考えている人にとっては、引っ越しを伴う転勤がない事は大変嬉しいポイントだと思いました。

※出世コースに乗ると国や都道府県への出向をすることがありますので、その際は転居の必要が生じると思います(私は全くありませんでした笑)。

 

第1位 親戚や友人からの評判が良い事

これは地方都市だけの話だと思います(笑)

都市部だと民間の就職先も多いため、「公務員」の印象はそれほど強くないと思うのですが、地方都市の場合は就職先が少なく、地元で「公務員」として働くことは親戚や友人にプラスの印象を持ってもらいやすいです。

 

まとめ

前回記事で「公務員」時代の大変だった経験や退職理由等マイナスな要素をたくさんご紹介してしまいましたが、公務員になることのプラス要因ももちろんあります。

もし今後「公務員」になることを検討されている方は、この辺りを比較衡量してご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

それでは今回はこれで終わりです。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村